つくる日々〜彫金制作ノート

アメシスト原石のリング

京急上大岡店での催事も折り返しとなったわ。

今日の日中は天気が持ちそう。

明日はかなり降るのかな。

普段なら雨も好き。雨の音は落ち着く。

でも百貨店にいたら聞こえないわ〜

まぁここで落ち着いてまったりしても困るけどね。

 

—☆—☆—☆—

 

さて本日ご紹介するのは

アメシストの原石をそのまま使ったリングでございます。

原石にはカット石にはない素敵さがありますね。

宝石は よく光るようにカットされ磨かれます。

 

その技術力の差によって 値段も変わってくるほど重要なものです。

でも採掘された後あまり人の手がかかっていない原石は 光を含んだ生まれたての命のよう。

原石には未来や可能性があふれているように見えてしまうのです。

その 原石そのままを ゴツゴツしたところをシルバーでカバーして使いやすいように加工しました。

 

春を芽吹いた淡い淡い花のような色合いのアメシストで指先を飾ってみませんか?

 

 

—☆—☆—☆—

 

たまに仕入れる原石。

いつも 可愛い〜と仕入れるのだけど

これが結構苦労させられる。

石の枠が難しいのだわ。

でこぼこに合わせて銀の板を曲げていくのは

なかなかの忍耐力が必要。

力入れすぎて石が割れたりするし。

 

このアメシストもかなり長い間 デザインも決まらず

まるで箱入り娘のようにおとなしくケースに収まっていたもの。

 

そろそろ飛び立つ時期だわ。

しっくりくると思ってもらえる人のところに行って欲しい。

とか言いつつ サイズ20。

あまり一般的なサイズじゃないわ。

結局 箱入り娘は手放したくないってことかしらね。(^_^;)

 

京急上大岡店 12日まで。

7階でぼ〜っと立ってます(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す